PMDD PMS SALLY BLOG

自己紹介 ~ 回顧録 4~ PMDD(月経前不快気分障害)女子の恋愛

子宮と女の子こんにちは女性ホルモンケアアドバイザーのSallyです。

20代前半にPMDDを発症し10年かかって回復。

「月経前の不調で私と同じ思いをして欲しくない。」

そんな思いで「せいりプラス」記事を書いてます。

 

Sallyの回顧録シリーズです。

「せいりプラス」をはじめる原点になった出来事が記されています。

自分の事を公開するのは怖いですし不安です。

でも高校生や大学生の女子をはじめ、誰かの力になれるのならば本望です。

 

第4回は「PMDD女子の恋愛」をお送りします。

第1回目はPMDDの原因と要因

こちらもCHECK

子宮と女の子 アイコン
自己紹介 ~ 回顧録1 ~ PMDD(月経前不快気分障害)発症は20歳ごろ

Sallyの回顧録シリーズです。

「せいりプラス」をはじめる原点になった出来事が記されています。

自分の事を公開するのは怖いですし不安です。

でも高校生や大学生の女子をはじめ、誰かの力になれるのならば本望です。
第1回はSallyのPMDD発症の原因・要因をご紹介します。

続きを見る

第2回目はPMDDの症状と行動

こちらもCHECK

子宮と女の子 アイコン
自己紹介 ~ 回顧録 2~ PMDD(月経前不快気分障害)の症状・行動

Sallyの回顧録シリーズです。

「せいりプラス」をはじめる原点になった出来事が記されています。

自分の事を公開するのは怖いですし不安です。

でも高校生や大学生の女子をはじめ、誰かの力になれるのならば本望です。
第2回目はSallyのPMDDの行動や症状をご紹介します。

続きを見る

第3回目は生理前の酷い行動は性格だと思っていた

こちらもCHECK

子宮と女の子 アイコン
自己紹介 ~ 回顧録 3~ PMDD(月経前不快気分障害)は性格だと思っていた

Sallyの回顧録シリーズです。

「せいりプラス」をはじめる原点になった出来事が記されています。

自分の事を公開するのは怖いですし不安です。

でも高校生や大学生の女子をはじめ、誰かの力になれるのならば本望です。

第3回目は「生理前の酷い行動は性格だと思っていた」をお送りします。

続きを見る

 

PMDD女子の恋愛

今回は私の恋愛歴をお話します。「こんな恋愛はするな」という意味で記事にします。

「何人と付き合ったことある?」

「性的交流したのは何人?」

とか良くある話題ですねぇ。一応お答えしますと

「お付き合いした人は数人」

「性的交流した人数は覚えてない」

私は20歳の頃様々な理由でPMDDになったわけですが(理由はvol.1に記載)

「ことごとく男性運が無かったね~」と皆に言われます苦笑

性教育は母親はノータッチ、父親がちょっと教えてくれたけど

その後に性的虐待というトンでもない性教育を受けた私。

男性恐怖症にはなりませんでしたが、

長期間の虐待から「従う」事に慣れてしまっている

自分の傾向を知らずに男性と恋愛してました。

・ギャンブルが生活の糧の彼氏

・束縛して自分の趣味を強要する彼氏

・精神的に病んでいる彼氏

等・・・

いつも彼の好むもの、彼の好きな事を一緒にするという恋愛パターン。

自分の好きな事を彼氏と一緒にすることはあまりなかった気がします。

パチスロを別の台で何時間も打たされたり(お金は彼氏もちですけど)

友達と遊ぶ時間を作らせてもらえなかったり

無視するとストーカーされたり

生理前は特に自暴自棄になり彼氏のペースに任せきり。

PMDDで涙が止まらない、誰にも会いたくないのに

彼氏は連絡してきて喧嘩になることもしょっちゅう。

性行為も彼の言いなり、避妊もしてくれない。

彼氏だけならまだしも、別の男性とも面倒くさいことになっていたり。

 

それが恋愛だと思っていました。

食事 ー 性交流 ー 彼の好きな遊び - 性交流 - 彼の好きな事

 

時間と共にそれに慣れきってしまって

気付けば自分の希望している道や分野の事は中断していて

自分は何をしてるのが好きで、楽しかったか見失ってました。

 

彼とコトが済んだ後、良く涙が出ることが多かったです。

私も酷いことばっかりしているので自業自得・・・。

PMDDのせいだとは当時分からなかったんですよ本当。

 

もしパートナー・家族・学校・仕事が上手く行っていないなら?

私なら考え直す時期に来ていることを受け入れます。

日記はそれを助けてくれます。

気持ちを書き綴るのは大事なことです。書いていくと自分の本当の気持ちが出てきます。

彼氏に流されすぎず・親に従うだけじゃなく、学校や仕事の規則もあるけど。

 

今大事なのは自分の気持ちに気付いてケアすること

時間なんか気にしなくていい、周りと比較なんかしなくていい

「お付き合いしたことがない、性交流の経験もない」

人数じゃないし回数、そんなの関係ない。

相手だって色々な事を考えていて傷ついているかもしれない。

恋愛・性交流って実はすごく責任があるし、深い意味があると思います。

 

もし生理前にどうしようもなくなるならPMSかPMDDという疾患です

精神病か、症候群かの判断は医師がします。

でもいずれにしても不調なのは同じ。

薬で対処もいいと思います。

でも医師は私じゃない。

医師は手助けだけで「治すのは私自身なんだ。」

「あ、治そう。治って心から笑いたい!」

この記事を読んで「どうしようもないな~この人」と思って、

「治さなきゃ!」そんな気持ちになってくれたら嬉しいです。

 

以上、自己紹介 ~ 回顧録 ~ を4回に渡ってお送りしました!

今は本当に元気で心から笑える人生を送っています^^

これからも皆さんの役に立つ記事・面白い記事の執筆頑張ります^^

わっはっはと笑おう

  • この記事を書いた人

Sally

Sally 女性ホルモンケア アドバイザー ベーシックコース修了。 ヨガ空間Avyakt主催者。 丸の内ヘルスケアラウンジのコンシェルジュ経験を経て「20歳前後の女子に15年前の自分と同じ思いをして欲しく無い」とこのサイトを執筆中。 20歳~25歳頃までPMDD症状で苦しみ、様々な解決策を模索。 現在PMDDの症状はほぼ解消。 胃アトニー・砂糖依存症・皮膚疾患もち

-PMDD, PMS, SALLY BLOG
-, , ,

© 2021 せいりプラス