PMDD PMS 改善方法 皮膚炎

<アーユルヴェーダ> 処方薬3 Chitrakadi vati

こんにちは女性ホルモンケアアドバイザーのSallyです。

20代前半にPMDDを発症し10年かかって回復。

「月経前の不調で私と同じ思いをして欲しくない。」

そんな思いで「せいりプラス」記事を書いてます。


去年2020年11月に

インドへオンラインでつなぎアーユルヴェーダ医師に診察をして頂きました!!

<インド>生理前の不調診断 Byアーユルヴェーダ医師

あれからお薬を購入したのですがコロナの影響もあり・・・

ノマダシア様のご協力を頂き、、、

ようやく手にすることが出来ました!!

今回はお薬が届いたのでご紹介します。

 

Chitrakadi vati 開封

Chitrakadi vati

Chitrakadi vati2

Chitrakadi vati メーカー違いで2つ頂きました。

消化不良、便秘、食欲不振、腹部膨満、口内炎、腹痛などの多くの病気の治療に
使用される強力な消化器薬だそうです。

 

★白い蓋の方(KERALA Ayurveda)

開封したら中に紙が入ってました!!w

薬の香りは・・・音楽室の様な博物館の様な臭いwwww

伝わるかな。何というか・・・うん、臭くはない。

整理整頓された楽器や美術品などが並んだ空間の臭い。

ああ、伝わってないかもw

50粒入り 2錠を1日2回

開封 Chitrakadi vati

 

★茶色い蓋の方(Divya)

開封。

へぎゃあああああ!!ヒングの臭いがする!!

(*ヒング・・・インドにあるニンニクの代わりに使われる香辛料。)

粒は白い蓋の方よりも小さい。

60錠? 1−2錠を1日2回

 

ちなみにヒングを試したい超インド好き・マニアックな方にはこちらを・・・

 

入ってるハーブを調査

*2メーカーのハーブの調査と比較してみました。

KERALA Ayurveda Divya
1 Citraka Chitrak
2 Pippali mula Pipplamool
3 Yavaksara Javakhar
4 Sarjika ksara Sendha lavan
5 Samudra lavana Samudra lavan
6 Vida lavana Vid lavan
7 Saindava lavana Sonchal lavan
8 Sunthi Sonth
9 Maricha Marich
10 Pippali Kala lavan
11 Hingu Bhuni hing
12 Ajmoda Ajmoda
13 Chavya Chavya
14 Dadima rasa Dadim

 

2メーカー比べてみて、比較的同じハーブが入っていますね。

スペルが若干違うのはデーヴァーナーガリーをアルファベットに無理やりする為に起きるもので、

示している言葉は同じ。

あとはサンスクリット語とヒンディー語、その他のインドの言語で様々に呼ばれている為。

①Citraka・Chitrak

免疫システム強化し、環境毒素やフリーラジカルから体を守る。

毒素排出をサポートし、風邪や咳などの一般的な感染症の再発を防ぐ。

定期的な摂取は、癌の成長、特に前立腺癌を予防または抑制する子とが可能。

抗炎症作用、鎮痛作用、関節炎や前立腺に有効。

その他皮膚炎や肝機能にも有効。

コレステロールも減少させるらしいです。

②Pippali mula・Pipplamool

mula・moolは根という意味ですね。

炎症や浮腫を和らげ、身体の構造を正常に戻し、食欲を増進させ、鼓腸を和らげる。

胃腸作用、消化作用、胆汁の産生、下剤として非常に有用。

③Yavaksara・Javakhar

大麦の事のようです。

膨満感改善、便秘改善、尿道結石、心臓病などにも有用。

 

ここからは塩シリーズです。表では青文字にしてみました。

Lavana(Lavan)というのは塩のことです。

④Sarjika ksara (KeralaAyurveda)

White salt

 

④Sendha lavan(Divya)

Rock salt

 

⑤Samudra lavana・Samudra lavan

Sea salt

 

⑥Vida lavana・Vid lavan

Vidaというのは排泄物を意味しているそうです。

山羊、羊、牛、ラクダの排泄物から人工的に作られた塩。

塩化ナトリウムが90%以上で便秘改善など効果があるそうです。

 

⑦Saindava lavana・Sonchal lavan

「カリウム、鉄、カルシウム、亜鉛、マグネシウム、銅など84種類の微量元素が含まれています。」

こちらの岩塩はアーユルヴェーダでも最高の塩らしいです。

消化不良を改善する
制酸作用、抗炎症作用、胸焼けや胃痛改善、消化不良改善、駆虫効果、腸内ガスの改善、新陳代謝を促進。
血圧の安定、免疫力向上、咽頭炎、副鼻腔炎、扁桃腺の沈静化など呼吸器系のトラブルにも効きます。
またストレス改善や肌質の向上にもなります。
ヒマラヤランプで空気の浄化をし病原菌やアレルゲンを減らすことが可能。

その他効果は様々です!

 

⑩Kala lavan(Divya)

これは塩シリーズの一種でBlack  saltかと思います。

Divyaの方が塩の種類が多いみたい。

 

Sally
良質な塩の効果はアーユルヴェーダで証明されてるんですね~。

 

⑧Sunthi・Sonth

生姜

 

⑨Maricha・Marich

黒胡椒の実

 

⑩Pippali(Kerala Ayurveda)

②と同じですが②は根で、⑩は違う部分が入っているんでしょうね~

 

⑪Hingu・Bhuni hing

"Hing makes for an indispensable part of the Indian cuisine, especially in curries and dals.

Its distinct flavour and aroma can transform any boring dish. Moreover, it has long been known for the health benefits it has to offer.

It has a prominent place in traditional medicine; thanks to its carminative, anti-viral, anti-bacterial, anti-inflammatory, sedative and diuretic properties.

Considering its therapeutic and curative powers, asafoetida is also referred to as the Food of the Gods."

とあるんですけども・・・・

「ヒングは、インド料理、特にカレーやダルには欠かせないものとなっています。

その独特の風味と香りは、つまらない料理を一変させます。

また、それは長い間、それが提供しなければならない健康上の利点のために知られています。

鎮静作用、抗ウイルス作用、抗菌作用、抗炎症作用、鎮静作用、利尿作用があるため、伝統医学では重要な位置を占めています。

その治療と治癒力を考えると、アサフォエチダはまた、神々の食べ物と呼ばれています。」

 

えええ~これってそんなに風味豊かで素晴らしいスパイスなの!?

う~んじゃあ頑張って好きになる努力してみようかな・・・

イヤデモマジでクサインダケド・・・

 

⑫Ajmoda

セロリの種みたい!

気管支を拡張するのを積極的に助けるので気管支系に効果的。

また穏やかな整腸作用を持ち、筋肉などの緊張も緩和する為月経困難症や月経痛の痛みを和らげます。

泌尿器系疾患やリウマチ、関節炎や痛風にも効果があります。

 

⑬Chavya

黒胡椒の根や果実の事かな~

 

⑭Dadima rasa・Dadim

ザクロの事です。

抗寄生虫剤、強壮剤、抗がん剤、抗炎症剤、抗酸化剤、抗ウイルス剤、神経保護作用、

肝保護作用、生殖機能、抗動脈硬化作用、低血糖作用、抗血糖作用とまさに薬局!

癌、心血管疾患、糖尿病、歯科疾患、胃疾患、貧血、勃起不全、

細菌感染症、抗生物質耐性、および紫外線照射誘発性皮膚損傷の予防の治療に使用されていることを証明しています。

その他、乳児の脳虚血、男性不妊、アルツハイマー病、関節炎、肥満などへの応用も期待されています。

 

まとめ

Chitrakadi vatiは整腸薬的な感じでした。

1ヶ月後の経過報告をお楽しみに❤︎

ヒング臭くても頑張って飲むよ~!

いやー懐かしいヒング・・・

ヒングは動物性と五葷抜きをしてストイックにヨギ食生活をしていた時に出会ったスパイス。

他のハーブの内容がヒングの強烈な香りとともに全部持っていかれた・・・苦笑

 

今回もお読みくださりありがとうございます!

お医者様、アーユルヴェーダに詳しい方で間違いがございましたら是非ご指摘お願い致します。

これからもお勉強を頑張り、皆さんに良い情報を発信できたら嬉しいです。

ナマステ!

 

参考URL

https://www.planetayurveda.com/library/chitrak-plumbago-zeylanica/

https://charakusa.com/blog/herbal/ultimate-benefits-of-chitrak-plumbago-zeylanica/

https://www.bimbima.com/herbs/pippali-mula-piper-longum-roots-uses-properties-and-more/27/

https://www.ayurmedinfo.com/2012/05/17/yavakshara-benefits-dosage-side-effects-ingredients-reference/

https://food.ndtv.com/food-drinks/10-amazing-health-benefits-of-asafoetida-we-should-all-know-about-1825666

https://rfppl.co.in/subscription/upload_pdf/ijamy2_708.pdf

https://ayurmantra.com/ajmoda-celery-seed.html

https://ijapr.in/index.php/ijapr/article/download/848/718/

  • この記事を書いた人

Sally

Sally 女性ホルモンケア アドバイザー ベーシックコース修了。 ヨガ空間Avyakt主催者。 丸の内ヘルスケアラウンジのコンシェルジュ経験を経て「20歳前後の女子に15年前の自分と同じ思いをして欲しく無い」とこのサイトを執筆中。 20歳~25歳頃までPMDD症状で苦しみ、様々な解決策を模索。 現在PMDDの症状はほぼ解消。 胃アトニー・砂糖依存症・皮膚疾患もち

-PMDD, PMS, 改善方法, 皮膚炎
-

© 2021 せいりプラス