PMDD PMS 改善方法 皮膚炎

<アーユルヴェーダ> 処方薬4 Avipattikar churna

こんにちは女性ホルモンケアアドバイザーのSallyです。

20代前半にPMDDを発症し10年かかって回復。

「月経前の不調で私と同じ思いをして欲しくない。」

そんな思いで「せいりプラス」記事を書いてます。


去年2020年11月に

インドへオンラインでつなぎアーユルヴェーダ医師に診察をして頂きました!!

<インド>生理前の不調診断 Byアーユルヴェーダ医師

あれからお薬を購入したのですがコロナの影響もあり・・・

ノマダシア様のご協力を頂き、、、

ようやく手にすることが出来ました!!

今回はお薬が届いたのでご紹介します。

 

Avipattikar churna 開封

Avipattikar churn

Avipattikar churna

120g入ってます。

3−6gを1日2回

消化不良や胃炎・潰瘍に効果があり整腸作用もあり。

粉末で香りは大◯胃散の粉錠のにそっくり。

子ども頃、母に「これ飲んどきな。」と

小ちゃいスプーンですくってアーンしたのを思い出しました。

開封avipattikar churna

色味も大◯胃散に似ているよね。

 

含有されているハーブ

①Pippal

こちらは前回のお薬前回のお薬でも入っていたハーブですね。

炎症や浮腫を和らげ、身体の構造を正常に戻し、食欲を増進させ、鼓腸を和らげる。

胃腸作用、消化作用、胆汁の産生、下剤として非常に有用。

 

②Soanth

こちらも言葉は違うけど、前回のお薬前回のお薬でも入っていたハーブです。

前回の記事の表の8 Sunthi・Singh っていうハーブで生姜の事です。

(デーヴァーナーガリー表記してसुंठीで良いってば!!)

 

③Marica

ブラックペッパーの事です。

こちらも言葉は違うけど、前回のお薬前回のお薬でも入っていたハーブです。

前回の記事の表 9です。काली मिर्च in Hindi

白胡椒よりも黒胡椒の方が効果が高いみたいです。

咳や喘息にも効果があり、消化不良や脂肪蓄積を改善、整腸作用、無月経の人にも有効

水でペースト状にして塗布すると血行が良くなるなど効能が沢山!

 

④Haritki
痛みの緩和,身体機能の向上,生活の質の向上,コレステロール改善

Haritakiの方が情報が多く出てきました。

古代から使われているハーブですが現代での研究実験などのデータが不足気味とのことです。

虫歯予防にも効果があったり、膝痛には効果が実証されている様です。

 

⑤Bahera

抗分泌、鎮痛、降圧、下痢止め、抗糖尿病、抗酸化、抗潰瘍、解熱、肝保護、抗癌、血管新生、抗うつ効果

腎毒性の効果や血栓形成を遅らせるのに効果も。

咳、喘息、消化不良、歯の問題、喉の痛みや傷のケアの為に一般的に処方されます。

 

⑥Amla

ミキプルーン 「アムラの話」

 

⑦Musta

下痢・消化不良・胃炎・ヘルペス改善で処方されます。

また母乳の詰まりも改善するらしいです!

もうその用事は無いけれどとても大事な事ですよね、乳腺炎は怖いもの。

 

⑧Vida lavan

こちらも言葉は違うけど、前回のお薬前回のお薬でも入っていた塩です。

 

⑨Vidang

皮膚の炎症や感染に効果があるそうです。

また口の洗浄や虫歯対策にも。

心臓病などにも利用されます。

 

⑩Ela

カルダモンの事です。

腹部疾患 、心臓病 、口臭 、力強さと元気 、咳 、尿路感染症に有用です。

 

⑪Tejpatta

ベイリーフ(月桂樹)はビタミンAやビタミンC、葉酸など様々なミネラルが含まれる栄養価の高いハーブ。

胃の不調改善、消化促進過敏性腸症候群(IBS)を和らげます。

心臓の毛細血管壁を強化し、心血管系からLDLや悪玉コレステロールを除去します。

ストレス緩和にも貢献し、抗炎症作用にも優れ関節炎や傷口の治療に使われます。

 

⑫Bud Lavang

これチョウジですね!クローブです、チャイとかに入ってる。

これが入っているから大◯胃散の香りを思い出したんですね。

大◯胃散にももちろん入ってます。

 

⑬Trivrat

便秘によく効くみたい。下剤と表示されますね。

*砂糖2.5gが最後に記載されてました。

 

まとめ

調べれば調べるほどアーユルヴェーダのお薬ってすごい!と感服してます。

どうしようどうしよう。

これ絶対効くでしょ。

 

今回もお読みくださりありがとうございます!

お医者様、アーユルヴェーダに詳しい方で間違いがございましたら是非ご指摘お願い致します。

これからもお勉強を頑張り、皆さんに良い情報を発信できたら嬉しいです。

ナマステ!

 

参考URL

https://en.wikipedia.org/wiki/Long_pepper

https://www.easyayurveda.com/2014/11/21/black-pepper-benefits-usage-dose-side-effects/

https://www.easyayurveda.com/2015/01/07/musta-cyperus-rotundus-uses-research-side-effects/

https://ijpsr.com/bft-article/importance-of-embelia-ribes-an-update/?view=fulltext

https://ja.wikipedia.org/wiki/チョウジ

https://ayurvedacart.in/ela-1801

https://food.ndtv.com/food-drinks/bay-leaf-tej-patta-benefits-6-reasons-why-you-should-add-it-to-your-delicacies-1813189

 

https://www.ayurmedinfo.com/2012/05/06/trivrit-lehyam-benefits-dose-side-effects-how-to-use-ingredients/

  • この記事を書いた人

Sally

Sally 女性ホルモンケア アドバイザー ベーシックコース修了。 ヨガ空間Avyakt主催者。 丸の内ヘルスケアラウンジのコンシェルジュ経験を経て「20歳前後の女子に15年前の自分と同じ思いをして欲しく無い」とこのサイトを執筆中。 20歳~25歳頃までPMDD症状で苦しみ、様々な解決策を模索。 現在PMDDの症状はほぼ解消。 胃アトニー・砂糖依存症・皮膚疾患もち

-PMDD, PMS, 改善方法, 皮膚炎
-

© 2021 せいりプラス