KEN BLOG ニュース 未分類

[コロナ対策]家庭の医学がKindle版でなんと紙版の9割引き![セルフメディケーション]

こんにちは。チョコリコ(2号)のKENです。

 

2021年1月8日より一都三県で新型コロナウイルス対策で緊急事態宣言が出ちゃいました。

東京での1日の新規感染者が2000人を超えて医療崩壊しつつあります。

こうなると最悪の場合、事故などによる怪我や急な病気になっても治療できる病院が無い・・・

なんてこともあり得ます。

 

高齢化が進み医療需要が大きくなった現代では

医療費をなるべく抑えるように日本政府もセルフメディケーション税制もスタートさせました。

 

これからは可能な限り病院に頼ることなく予防医療や習慣療法を自分自身で行う時代になったということでしょうね。


そんななか、主婦の友社の「家庭の医学」がAmazonKindle版でなんと紙版の9割引の値段で販売しています。

たったの400円

ちなみに紙版だと4180円です。

 

 

主婦の友社の「家庭の医学」は累計129万部の超ベストセラーです。

 

内容は以下の通りです。

  • 12000もの病気とその最新情報を簡潔に解説
  • 症状・原因・治療の三段階で読みやすい
  • 巻頭には健康と長寿をつくる食事レシピ多数
  • がんから子供の病気、介護のコツまで主要な病気を網羅
  • 漢方やツボなど東洋医学も積極的に掲載
  • 各種応急手当も解説

症状のある体のパーツごとにあらゆる病気の解説と治療方針が掲載されているので、

例えば胃が痛いという場合は「胃の病気」という章を読めば良いでしょう。

ちゃんと「心の病気」や「皮膚の病気」もありますよ。

 

面白いのは漢方やツボについてもかなりの数の解説があり、西洋医学とのバランスがよく考えられています。

 

小児病についてもしっかり解説されているので、小さなお子さんがいらっしゃる家庭にも向いています

 

ウチの娘は2歳の頃に「川崎病」にかかりました。

40度の熱がでて、近所の小児科でも最初はただの風邪だと診断されていました。

40度の熱が治らず数日経ってはじめて川崎病だとわかり、入院することに。

全然熱が下がらない時はどうしたらよいか分からずオロオロしていました。

今になって思えば家庭の医学が家にあったら少しは落ち着いて対応できたのかな?と思います。

 

PMSについては少しだけ触れていますがやPMDDは無さそう。

ですが、漢方やツボ刺激での対処が詳しく書かれています。

また、月経痛を和らげるヨガのポーズも紹介されていますね。

 

 

 


新型コロナウイルス の感染拡大による医療現場の逼迫で

気軽に病院には行けなくなりました。

健康に関してはネットで色々調べることができますが、情報は多すぎるし信頼度についてはイマイチです。

(このサイトが言えたことじゃないけど)

その点、本書「家庭の医学」は信頼のおける医師による充実した内容が揃っています。

ほとんどの重要な病気が網羅されているので一家に一冊あると安心です。

 

たったの400円で!

 

コロナで世の中大変なことになってしまいましたが、せめて自分や家族の健康は自分で守れるようにしたいですね。

 

KEN
子供の頃、実家にも置いてましたが主婦の友社だったかは覚えてません。 「家庭の医学」というタイトルでは保健同人社や時事通信社も出版していますね。 2011年の東日本大地震の時に保健同人社さんがアプリ版を無料ダウンロードできるようにしていました。

 

 

  • この記事を書いた人

KEN

映像の編集者。 2000年からポスプロ勤務→2007年からフリーランス→現在リモートワークを実践中。 PMDDやPMSと闘うSallyのパートナー Sallyと出会って初めて月経前症状を知る。 ちなみに2型糖尿病患者

-KEN BLOG, ニュース, 未分類
-,

© 2021 せいりプラス