ニュース

女性社員が多くて平等な会社だと思っていたら・・・「おっさんが「静かな女性差別」に気づいた話」

はてなダイアリーのエントリーで「【追記あり】おっさんが「静かな女性差別」に気づいた話」が話題となっていました。

 

 

記事では

自分は30代後半の男で、中規模ベンチャー企業勤務の管理職なんだが、最近になって自分の働く会社が女性差別をしていることに気付いた。
以前は自社のことを人材に垣根を設けない良い会社だと思っていたし、社員の男女比率も3:7くらいとむしろ女性の方が多く、女性が活躍している職場だと思っていた。
というか、女性差別ってイコールでセクハラかパワハラのことで、それこそ怒鳴ったり触ったりといった、静と動でいえば「動の世界」の話って程度の認識だった。

最初に違和感を感じたのはマネージャーに昇進した時だった。
マネージャーっていうのは普通の会社でいう「部長」に相当するような役職で、自分で言うのもなんだけどけっこう偉い。
だから「経営会議」と呼ばれる、会社にとって重要な会議にも呼ばれるようになったんだが、いざ出席してよくよく見渡したら周りにいるのが自分を含めて見事に全員おっさんだった。

----------中略----------

昔から「経営会議」の存在は知ってたし、誰が出席者かなんてわかっていたのに、
いざ自分が出席して当事者意識を持つまで、比率についてなんて考えたこともなかった。
だからその時はじめて、この会社の意思決定に女性は1ミリも参加していないとわかった。

----------中略----------

・社員の女性比率。
これは言っちゃ悪いけど、中世の「貴族に対して農民が多い」ってのとまったく同じ状況だ。
比率が多いから強いってわけじゃない。
むしろ少数のおっさん達が、出世させる気のない存在、つまり「愛玩労働者」としての若い女性を採用している。
愛玩労働者に求められるのは、業務遂行能力と愛嬌と、良い感じに働いた後に転職してくれることだけだ。
ちなみに男性が採用された場合は「厳しく鍛える前提のサンドバッグ新卒枠」か「幹部候補の中途枠」のどちらかになる。

・女性社員の昇進。
たまに「女性は堅実に仕事をするけど、圧倒的な結果が出せないから出世ができない。良くも悪くも保守的なのかねぇ」みたいな主張をするおっさんもいるけど、因果関係が逆だ。
女性を出世させる気が無いから「大きな仕事」を任せない。そのせいで「圧倒的な結果」とは無縁の存在になる。
彼女らはスキルアップしないのではなく、させてもらえないのだ。
それだけならまだしも、たとえ大きな仕事を任せてうまくいっても、その功績を認めない場合も多い。
「あいつはよく頑張った!」とか言って、月例の優秀賞とかを贈呈する。商品は大体amazonギフト券かガラス素材でできたトロフィーだ。
男性なら昇進か昇給のところ、女性はアマギフ3000円。報酬の還元率が違いすぎる。

・自分が出世した理由。
上記のようなことをかんがみると、自分が昇進した理由って単純に「自分が男性だったから」というだけなんだと思う。
昇進当時は自分の実力がやっと認められたんだと思って喜んでいたけど、今は素直に喜べない。なんならちょっと気が重い。
お客さんのことを真摯に考えて、日々業務にあたっていた女性メンバーからしたら、自分って後から来たくせに性別ボーナスで昇進の可能性が高い、嫌な存在だったんだろうな。

・働くママを応援!のしらじらしさ。
これは最近一番衝撃だったんだけど。
総務経理マネージャーが「バックオフィス業務の手伝いしてくれる人欲しいけど、社員雇うほどじゃないし、派遣は高いし、出産終わって暇してる元バリキャリママを安めの時給で雇えねーかな」
ってぼやいてた次の週に「働くママを応援!積極採用」って見出しの求人募集を出しててドン引きした。
ものは言い様ってことなんだろうか。

他にも例を挙げればきりがないけど、
最近、自分が男性であることに後ろめたさと安心感を感じる。
安心感なんてほんとは感じちゃいけないのだろうけど、それでも自分が今と全く同じ仕事能力をもった女性だったとしたら、
はたして今と同じ地位、給料でいられるのだろうか
と考えてしまう。

 

このエントリーに対しての反応

女性社員って年棒240万円くらいで雇えるんですよ。
これが男性社員になると、最低350万円くらい掛かる。
仕事の成果からコスパを計算すると、圧倒的に女性社員で固めたほうがコスパ良いんですよね。
それで女性社員いっぱいになったうちの会社は、たぶん似たようなものです

結婚して辞めるかもしれません
子供は授かり物なのでいつできていつ産休になるか分かりません
育休は2ヶ月かもしれないし1年とるかもしれません
育休明けも時短を希望するかもしれません
育休明けに辞めるかもしれません
転勤はできません
2人目3人目も出来るかもしれません

男性との椅子取りゲームで
このリスクを覆して管理職になれるのは相当優秀すぎる人間だから
同レベルの人間が集まる会社じゃ難しいのは当然の帰結なのでは?

元増田が男性であることに後ろめたさを感じる必要なんて、全然ないんだよ。
確かに企業世界では男性中心だけど、家事・育児の世界ではバリバリの女性社会だから。
今日のとあるヤフーニュースのヤフコメで、「専業主夫の男性が子供と一緒にスーパーで買い物していたら、警察に通報された」なんて衝撃の出来事を知ったからね。
企業世界と家事・育児世界、どちらが優れていてどちらが劣っているかなんて比較はできない。
ただし企業世界で出世したい女性と、専業主夫として家事・育児世界で生きたい男性、双方への支援は必要だと思う。

「元増田」とは「元」:エントリー元、つまり発言者のこと

「増田」とは(Anonymous Diary)アノニマスダイアリーの俗称

 

つかこの手の話って女性が起業すりゃ解決する話だと思うんだがなあ。
いや別に男男した会社に女性の活躍を!みたいな機運を否定する気はないんだけど、
そんなことするより女性が経営者になって自分の思う通りの人事した方が手っ取り早いしそれこそ女性の社会進出だと思うんだけど。

自分の職場では全く印象が違う。全国に同じ仕事をするチームが300組あるような仕事だけど、メンバーの男女比は半々くらいだが、チームリーダに女性は10%もいない、自分はチームリーダーを経て主任になったけど、会社はいつでもチームリーダーになる人材を求めているので、事あるごとにリーダーやらないか?と男女問わず声をかけている。しかしリーダーになるのは男ばかり、女性はその責任の重さに腰が引けてしまい、リーダーになる女性は皆無です。なってもサブリーダー止まり。サラリーで働く女性の8割は出世を望まないというデータもあるそうなので、女性が出世しないのは単に望んでいないから、というのが大半なのではと思う。

今、経営会議に出てる立場のおばさんなんだけど、前職、経営者に誘われてベンチャーに入って失敗した。
こっちは「経営者にヘッドハンティングされたんだからバリバリ働いてボードメンバー目指すぜ」「今は給料安いけどベンチャーだから」みたいに思ってたんだけど、声かけたほうは「安く使えるおばさんが手近にいたので誘った」と思っていたようだ。
同期の男の半分ぐらいの給料で、さらに同期はストックオプションあるとか、もろもろ知ってすぐ辞めた。
その反省から、現職に転職することを考えた時に、面接の段階で、昇給、昇格の基準と、それを満たせば将来的に役員になれるかを聞いた。結局採用され今に至っている。
うちは、若い男がサンドバッグ的にパワハラされる社風でもないし、夜勤も転勤もないから、世間でよく言われる男優位な理由というのもない職場だと思う。それでも、最初にそう質問した時は「え?」って顔されたの覚えている。
女の能力が云々とか言う以前の問題として、最初から「女が偉くなりたいとは思ってないだろう、仕事より家族や生活を大事にしたいだろう」という思い込みが採用する側には絶対ある。
だから、もし「出世して、実績上がればボードメンバーにもなりたい」ぐらい思ってる女がいるなら、採用される前に最初からそういう意志を明確にしておくのがいいと思う。

そう言ってもよっぽどの能力がない限り採用されないだろうし、
その能力を身に着ける機会にも恵まれない
って前提があるような
独学でスキル磨ける職種ならいいんだろうが
或いは海外行くとか?

でも、男がそういう意思表示の必要がないというのは、裏返しとして、男が出世を考えずに生活を優先して生きることが暗黙に許されていないという男性差別でもあるんだよね。
会社入る時は「やる気あります!がんばります!」ってみんな一律言うけど、女だったら「まあ、言われたことをこなして定時に帰りたいんだな」って意味に取られて、男だったら「頑張ってえらくなって妻子を養いたいんだな」って意味に取られてる感じ。
前者は「これは静かな差別だ」と気づかれだしてて、「昇進したいです、会社の意思決定に関わりたいです」と言っても、そこまでおおっぴらに排除されることはない。
一方、男が「ワークライフバランス大事にしたいです」って入社時に言うほうが風当たり厳しそう。そっちの差別もなくしていきたいね。

 

いろいろな反応があって議論紛糾していますが、その後追記としてnoteにまとめられています。

 

 

KEN
「男はもちろん、女が女であるというだけでは何の価値もない、ただのネオリベ的荒野でしかない」というコメントが気になりました。

性差の本質ってなんなんでしょうね?

あと、これからの社会では経営者や人事の方も正しく公平に能力を見極められる能力が必須だと思いました。

 

 

 

  • この記事を書いた人

KEN

映像の編集者。 2000年からポスプロ勤務→2007年からフリーランス→現在リモートワークを実践中。 PMDDやPMSと闘うSallyのパートナー Sallyと出会って初めて月経前症状を知る。 ちなみに2型糖尿病患者

-ニュース

© 2021 せいりプラス