KEN BLOG PMDD PMS

<男性視点>「生理CAMP」まとめ<ナプキン試着で視聴>

Menstrual CAMP performers all

 

こんにちは。

チョコリコ(2号)のKENです。

昨日(11月24日)にオンライン配信された「生理CAMP」を視聴しました。

 

視聴中、Sallyからおもむろに生理用ナプキンを手渡されたので、

彼女からのレクチャーを受けながらナプキンを装着(?)して続きを見てました。

 

男性である自分はナプキン初体験でしたが・・・
ナプキンって邪魔ですね。

モコモコのゴワゴワのガサガサという感じ。

たぶんオムツしてるのに近い感覚なんでしょうね。

で、

さらに追い討ちでSallyから濡れたナプキンを試すようにとのお言葉。

 

・・・

 

おおおおお。

こ・・・これは気持ち悪い。

まあ濡らすのに使った水が冷たかったというのもありますが。

 

うーーーむ。

 

「ウンチが完全に吹き切れてなくて肛門のあたりが汗でべちょっとしてさらに痒い」

時の感じに近いような。

 

今回はオーガニックナプキンだったので蒸れ感があるそうで、Sally曰くポリマーの入った一般的なナプキンだと気にならないとのこと。

素晴らしい。ニッポンの科学力。

次はタンポンかと思いましたがそれは遠慮しておきます(笑)

 

前置きが長くなりましたが「生理CAMP」を視聴しました。

以下、「ナプキンを装着しながら生理CAMPを視聴している男」によるまとめです。

記事中のセリフはKENの意訳です。録音して文字に起こしてるわけではないのでご注意ください。

 

あっ 忘れてましたがアーカイブは25日までだそうです!


「生理CAMP オンライン」

出演者

SHELLYさん

森三中・黒沢かずこさん

バービーさん

厚切りジェイソンさん

稲葉可奈子先生(産婦人科医)

 

PMSの話は結構あっさりだった

 

「生理」をテーマにしているので、扱う内容はとても広範囲。

8月末のテレビ東京での特番でもそうだったんですが、尺に収まらない!

チョコリコでも「せいりプラス」で取り上げているPMS(月経前症候群)についてのお話があっさりだったのが残念でした。

 

具体的には視聴者のインタビューに一部PMSの症状の訴えがあって、

厚切りジェイソンさんがPMSのことについて尋ね、

稲葉先生が解説するという流れでした。

バービーさんは生理前の症状について自分の体験を語っていました。

涙もろくなる、汗がダラダラに止まらなくなる。など。

SHELLYさんがホルモンの流れというワードでフォローしてましたが、

結局のところピルでコントロールしましょうというお話で次に。

ちなみにPMDDについては触れてませんでした。

 

KEN

男性目線ではツラいと聞いている女性の生理は(月経が)「来た」「終わった」ぐらいの認識しかないのがほとんどで、

実際には月経前からしんどい女性もいる、という事を知りません。

ここは是非次の機会があったらメインテーマに取り上げてください。

お願いします!

 

ピルを使いましょうx3

 

PMSの話からピルについてのお話が続きます。

稲葉先生によると

「精神的な症状もあり、自己嫌悪に陥る事もあるがあくまでもホルモンのせいなのでピルを使って波を抑えましょう。」とのこと。

ホルモンのせいなので本人が悪いわけではない。自己嫌悪に陥る必要はないって事ですね。

 

そこでピルの副作用のお話にもなるわけですが、これは

「年に2回ほど血液検査を行い、肝臓や腎臓に影響がないか確認する」

とのこと。

そこに厚切りジェイソンさんから驚くべき発言が!

「僕の母親は(自分が生まれて以降)35年ピル飲んでる」

 

そんなに飲み続けてて大丈夫なのか心配ですが・・・

 

稲葉先生としては40代からはピルの服用はあまりオススメしていない様子。

ピルの副作用として考えられる血栓による静脈血栓症の事をおっしゃっているのかも?

ただ、やはりピルの服用はメリットが多く

  • 卵巣を休ませることができる
  • 不妊の原因になる子宮内膜症を抑えることができる

ということで、

30代までは安心して使ってくださいとのこと。

 

番組の後半にもピルの話題があり、黒沢さんはピルに抵抗がある様子。

稲葉先生としては

「生理に関する問題で困っていなければ必要ない」

と説明されていました。

 

ちなみに、

「ピルを飲み事で年齢が上がっても妊娠しやすくなる」

というのは都市伝説だそうです。

確かに「ピルで排卵しない」=「卵子が減らない」と考えそうですが実際の老化による影響は避けようがなさそうですね。

 

ニオイが気になる?ならばタンポンや月経カップを

 

視聴者さんのインタビューにもあった生理中のニオイの問題。

男性である厚切りジェイソンさんは「気になったことは無い」そう。

じつをいうと僕も気になったこと無いです。というかどんなニオイかも知りません。

噴上裕也じゃあるまいし)

 

稲葉先生も実はそんなに匂うことは無いとおっしゃっています。

 

SHELLYさんはここで月経カップやタンポンをオススメしています。

SHELLYさん自身もYouTubeで(動画に出演している16歳の少女に)使い方を勉強したそうで、

これらを使うとほぼ無臭だそうです。

ナプキンだとムレて雑菌の繁殖してしまい、ニオイの原因になるってことでしょうか。

 

SHELLYさんは月経カップは大人でも知った方が良いと絶賛。

月経カップの認知度についてはバービーさんも日本人で知っている人は少ない気がするとのこと。

 

もうこの辺になると男性はちんぷんかんぷんでしょうね・・・

タンポンすら現物を見たことが無い人がほとんどでしょうし。

 

バービーさんが透明な女性器モデルを使って月経カップの使い方を説明していましたが、

黒沢さんがはじめて女性器の形や位置を知ったのが印象的でした。

そりゃ外からは見えない内臓の一部なので当然ですが・・・

女性でも知らない人は多いのかもしれません。

基礎編1サムネイル
参考生理の基礎知識① 女性器のしくみ

この記事では女性器の基礎知識を解説します。
みなさんは女性器の位置や大きさ、役割をご存知ですか?

続きを見る

 

タンポンってどうなの?

 

タンポンについて、視聴者インタビューでは

「入れるのが怖い」

「サイズ感がわからない」

「どれくらい使えるのかわからない」

といった声が。

黒沢さんにいたっては

「時間がないときにできない」とのこと。

タンポンって装着に時間がかかるんでしょうか?

バービーさんいわく慣れると簡単とのことですが・・・

このあとバービーさんは体を張っていろんな体勢でタンポンの装着を再現していました(笑)

 

とはいえ、どこまで押し込めばいいのかわからないという声も。

経験者的には奥でそれ以上進まなくなるとのこと。

 

稲葉先生からは

  • 奥まで入れる時の向きが人によって違う
  • 始め方、生理中じゃなくても試しに入れてみると良い
  • ナプキンだけでは量が多いと漏れるのでタンポンも併用するが、多すぎると貧血とかもあるので病院に相談
  • タンポン 入り口だと違和感があるので奥まで入れる。子宮より先には行かない

というアドバイスがありました。

 

月経カップはともかくタンポンの使用者が少ないことが気になりました。

ナプキンと併用している人を含めても2割程度しかいないんですね。

ただ、稲葉先生としてはそこまでネガティブな話ではなく、ナプキンの性能が非常に高い結果だと考える事もできるそうです。

(と、今ナプキンを試着している僕が納得)

 

運動と生理

 

子供の面倒を見ているとどうしても一緒に走ったりすることがあるので、スポーツ用ナプキンのお話も。

シンクロフィットというナプキンでしょうか?

正しく使えば運動にも向いているようです。

 

ところでアスリートの女性は生理の時どうしてるの?

という疑問について、

稲葉先生の解説では

・今はアスリート外来もあり、栄養面も含めて生理を調整できる

・一時的なピルの使用で試合などにぶつからないように調整する

とのこと。

 

生理に関するギモンいろいろ

 

視聴者インタビューでは他にも多くの疑問が登場していました。

  • 生理中に食べた方が良いものは?
  • 卵子の数で決まった数しか?
  • 生活習慣で変わる?
  • ピルに合う合わないある?
  • 子供を考えてる人はどうすべき?
  • 生理痛が重いので病気かと思う
  • 血の塊が結構出る
  • 膣内洗浄って大丈夫?
  • 不正出血と生理の見分けが付かない
  • 初潮から閉経はいつからいつまで?

 

稲葉先生のコメントでは

・鉄分は摂ってOK

・多い人や貧血気味の人はサプリもOK

・多い人の目安は日中でも夜用ナプキンを使う人や塊が出る人は多めと認識

・初潮や閉経の期間は色々。生活習慣でも変わる

などでした。

 

他に厚切りジェイソンさんからは

「卵子ってリサイクルできないの?」

→「できません(笑)」

 

黒沢さん

「更年期障害と生理は重なることある?」

→「あります、症状は色々個人差があります」

→「(更年期に)ピルは年齢的に良くない。まずは漢方薬、次にホルモン補充療法をします」

 

膣内洗浄って必要?

→「必要な細菌を失うためオススメしません」

 

(シャワートイレの)ビデは?

→「お尻の大腸菌が流し込まれる可能性があるのであまりオススメしません」

→「外側を流す分には問題ないです」

 

膣専用洗剤?は使った方が良い?

→「清潔にするぶんには問題ないが、中は洗わない方が良い」

 

うーむ。細かく疑問がありすぎて収集つかなくなりそう。

 

他にもコメントいろいろ

 

生理には痛み・出血・運動・食事・生理用品・婦人病・ホルモンバランス・性教育・メンタルなどなど

本当に様々な側面から問題が見えてきます。

ここからはさらに細かい発言を紹介します。(まとまらないので)

 

SHELLYさん

「毎年インフルエンザのタイミングで子宮頸がんの検査をまとめてる」

「初潮がきたら子宮頸がんも含めて婦人科に相談した方が良い」

 

バービーさん

「婦人科に差がある」

「男性の先生、高圧的な人が多い」

「女医さんにも相談してよかった」

「男性の先生もすごく優しくて良い先生はいる」

 

厚切りジェイソンさん

婦人科男性多くない?」

 

黒沢さん

「男性の婦人科医による胸の触診がどうしても気になってしまう」

 

稲葉先生

(Twitterから「こんな症状が出たら・・・という症状は?」について)

「痛み止めも飲みましょう」

「ガマンせずに気軽に受診しましょう」

「ニキビもピルで対応できます」

「子宮筋腫は検診しないと気づかない人も多い」

 

などなど。

番組も終盤に入り、次の話題に移ります。

 

生理と偏見と工夫と

 

Twitterからの質問投稿で

「誤解をなくすため一般人ができることは?」

というものがありました。

 

厚切りジェイソンさん

→隠さないほうが良い

→(経営者でもあるジェイソンさんとしては)「生理のせいで休暇」という報告は必要はないのでは?

これについて

「生理だと言わないと許可がもらえないケースがある」

という声もありました。

その他に

「嫌な人もいるので言っても大丈夫な土壌はあったほうが良い」

「第三者の生理休暇のアドバイスできる機関があると良いのでは?」

というコメントも。

 

黒沢さん

→オープン過ぎるのはどうかな?コンビニで買っても今は紙袋に入れてくれない

 

SHELLYさん

→そもそも恥ずかしいという刷り込みはする必要がない。ティッシュと同じ!

 

バービーさん

→恥ずかしい気持ちは汲みたい

 

SHELLYさん

子供達が恥ずかしいものと思わなくて済む社会にしたい

 

などなど。

大筋としてはどこまで「生理」をオープンにするべきか、という事ですが

確かに人によっては見せたくない・恥ずかしいという思いはあるでしょう。

SHELLYさんとしてはそれも含めて恥ずかしい事だという刷り込みを無くしたいという考え方だと思います。

僕個人としては今のうちは恥ずかしいと思う事はあったとしても、

きちんとした性教育で社会全体が女性なら誰にでもある

 

「あたりまえの健全な生理現象」

 

だと知ってもらうことが重要だと思いました。

 

男性にこそ見てもらいたい内容。そして次はぜひPMSを取り上げてもらいたい

 

約1時間ほどでしたが非常に幅広く生理を語る番組でした。

レギュラー化してくれないかなぁと切に思います。

というのも、

冒頭PMSの部分でも触れましたが、とにかく

 

「生理の話題は範囲が広すぎる」

 

ですね・・・

1時間ほど出演されてるみなさんがほぼノンストップで喋りっぱなしでも語り切れてませんでした。

本当はPMSやPMDD、ピルや生理用品についてでも

1テーマ30分以上は語れると思うんですよね。

 

特にPMSやPMDDは場合によっては女性らしくどころか

人間的な生活も送れなくなる事もあるので結構な大問題だと思うんですよ。

 

Twitterから質問を募集するにしても生放送にする必要は無いんじゃないかなぁと。

あとは、やたらとピル推しが少し気になりました。

 

医学や人間関係、はたまた歴史的な解説をテーマにしたり

それぞれの側面から「生理」を語る番組として次も見たいなあと思いました。

 

バービーさんがおっしゃってましたが、

「アフターピル」の話題なんかも面白いかもしれません。

タイミング的にも。

  • この記事を書いた人

KEN

映像の編集者。 2000年からポスプロ勤務→2007年からフリーランス→現在リモートワークを実践中。 PMDDやPMSと闘うSallyのパートナー Sallyと出会って初めて月経前症状を知る。 ちなみに2型糖尿病患者

-KEN BLOG, PMDD, PMS

© 2021 せいりプラス