せいりプラス

せいりプラスとは

 

ここでは「生理+○○」をもっと快適にするための情報をまとめています。

女性はまず「初潮+学校」から始まり、

  • 生理+思春期
  • 生理+部活動
  • 生理+大学(専門学校など)
  • 生理+パートナー
  • 生理+婚活(婚約・結婚)
  • 生理+妊活
  • 生理+育児
  • 生理+中年期
  • 生理+更年期

・・・もっとありますね。

こんな風に女性はライフステージの多くを「生理」と過ごしています。

今ご自分はどんな「生理+○○」でしょうか?

 

どのライフステージやシチュエーションでも月経周期と上手く付き合いながら

周囲の人たち(男性や異世代の方たち)と楽しく過ごしていきたいですね。

 

生理の基礎知識を男性にも分かりやすく解説

意外と知られていない女性のカラダの仕組みを解説し、正しい理解を目指します。

女性だけでなく、

  • パートナー
  • ご家族
  • 学校の関係者さま
  • 企業の関係者さま

これらの方にもわかりやすい解説で女性の生理との関わり方をご提案をします。

 

PMS(月経前症候群)の解決策を提案します

症状が非常に多岐にわたるPMSを解説し、その対策をご提案します。

特に

  • 食生活改善の解説
  • 効果的な運動の解説
  • 月経周期自己管理方法(体温の記録など)のご紹介
  • ハーブ療法などのご紹介
  • パートナーやご家族など身近な人へのアドバイス

これらの解説でPMSに悩む女性、そしてその周囲の方々が

より快適に社会生活を送れるようあらゆる解決策をご提案します。

 

PMDD(月経前不快症候群)の解決策を提案します

PMSとは異なり正式に精神疾患として認められたPMDDを解説し、その対策をご提案します。

 

 

女性の健全な社会参加と啓蒙活動を行ないます

男性や「月経はタブー事項」など様々な考えをお持ちの方々へ、

生理にまつわる女性への理解を促し、より良く女性が活躍できる社会を

どう構築していけるかを考え発信していきます。

 

 

生理の基礎知識

  ここでは生理の基礎知識、そしてPMS「月経前症候群」とPMDD「月経前気分不快障害」について解説しています。 また、その他女性疾患に関しても簡単に紹介しています。

 

PMS/PMDDの改善方法

ここではPMS「月経前症候群」とPMDD「月経前気分不快障害」の改善方法をまとめています。 各記事を読まれる前にかならずこちらをご覧ください。


 

PMS・PMDD改善の基本「体質の改善」

PMSの改善サムネイル PMS Improvement Thumbnails
PMS・PMDD改善方法の基本「体質の改善」<序章>

PMS/PMDDの改善方法 第1回は「体質の改善」です。
ピルに頼らなくてもPMSは改善できるのです。
生理前がツラい方は必見です。

続きを見る

kaizen2
PMS・PMDD改善方法の基本「体質の改善」その①「日光浴」

9つあるPMS/PMDD対策のその①はズバリ「日光浴」!
軽視されがちですが、じつはとても重要なことなのです。
日光浴の効果と仕組みを解説します。

続きを見る

改善1-2睡眠Improvement 1-2 Sleep
PMS・PMDD改善方法の基本「体質の改善」その②「睡眠」

9つあるPMS/PMDD対策のその②は「睡眠」!
毎日睡眠を取っているけど質はどうですか?
良質な睡眠のコツをご紹介します。

続きを見る

炭治郎呼吸
PMS・PMDD改善方法の基本「体質の改善」その③「深呼吸」

生理前の精神的不調に効果的な「深呼吸」とは鼻でリラックスしながらの深呼吸です。
深呼吸が何故大事か・そして深呼吸の方法をご紹介します。ヨガの呼吸法もあるよ♪

続きを見る

改善砂糖とカフェインImprove the sugar and caffeine
PMS・PMDD改善方法の基本「体質の改善」その④+その⑤「砂糖・カフェインを控える」

今回は「砂糖とカフェインを控える」大切さです。
食べすぎはあなたのせいじゃありませんよ♪
罪悪感は今後一切要りません。
原因は「○○が不足しているせいかも。」
答えは砂糖不足じゃありません。
何を食べると落ち着くのか!?をご紹介します。

続きを見る

改善6 消化器官を知る_Know Your Digestive System
PMS・PMDD改善方法の基本「体質の改善」その⑥「自分の消化器官を知る」

ご自分の消化器官は元気ですかー!?
胃・小腸・大腸などが元気でないと
どんなに良いサプリやプロテイン飲んでも
スーパーフード食べても吸収しないんですよ!
消化器官の動きを確認して胃腸に優しい食事を始めましょう。

続きを見る

ギー アイコン
PMS・PMDD改善方法の基本 その⑦「質の良い油・調味料を摂る」~油編~

PMS・PMDD改善その⑦「質の良い油と調味料を摂ろう」
今回は油(脂質)に注目します。
脂質はエネルギーにもなるし身体の形成にも使われる大切な栄養素。

脂質はダイエットの敵ではなく、必須栄養素です。

更に脳の7割が脂質で3割がタンパク質で出来ています。

脳の細胞を作るのに必要なオメガ3とオメガ6は大変重要!

続きを見る

調味料
PMS・PMDD改善方法の基本 その⑦「質の良い油・調味料を摂る」~調味料編~

PMS・PMDD改善⑦「質の良い油・調味料を摂ろう」~調味料編~
Sallyが実際使っている塩・味噌・お酢・甘味料・スパイスをご紹介します。
調味料を替えて約5年。家族みんな健康ですよ~♪

続きを見る

cooking_thumb
PMS・PMDD改善方法の基本 その⑧「必要な栄養の食材を摂る」

PMS・PMDD改善方法の基本 その⑧「必要な栄養の食材を摂る」
生理前不調にはセロトニンを増やすのがカギ!
セロトニンを増やす食材はどんなものがあるでしょう?
オススメ料理もご紹介します。

続きを見る

改善9_運動_Improvement 9_Exercise
PMS・PMDD改善方法の基本 その⑨「体を動かす」

今回はPMS・PMDD改善方法の基本 その⑨「体を動かす」です。
月経前の身体的症状は血流の滞りや冷えなどが原因。
月経前の精神的症状は自律神経のバランスの乱れからくる事が大きな原因。
運動はそれらを改善するのに必須なんです。

続きを見る

3モードアイコン
【考察】生理前の精神的変化と上手く付き合う

「生理前の精神的変化と上手に付き合えないものか」
これと上手に付き合えたら周囲の人にも迷惑かけないし、何より自分が楽ですよね。
自分の生理前っていつ?どんな症状が出て、どう見つけるか?などをご紹介!

続きを見る

 

インドの伝統療法・アーユルヴェーダ

ドーシャサムネイル
<インド>女性疾患をアーユルヴェーダで改善しよう<伝統医療>

「アーユルヴェーダ」って知っていますか?
インドで古代より伝わる伝統医療です。
今回はこのアーユルヴェーダの考え方から見たPMS/PMDDの改善についてご紹介します。

続きを見る

シャタバリ飲んでみた
<シャタバリ>PMSに効いた!アーユルヴェーダハーブを実際に飲んでみた<1000人の夫を持つ?>

シャタバリって知ってますか?
インドの伝統医療「アーユルヴェーダ 」で処方されるハーブです。
黄体期(生理開始日から14日~28日の時期)を中心にSallyが実際服用してみました。

続きを見る

Ayurveda 漫画アイコン
<インド>生理前の不調診断 Byアーユルヴェーダ医師

今回の記事はインドとオンラインで中継!
アーユルヴェーダ医師に生理前の不調を診断してもらいました!
更にSallyの手湿疹まで診断してもらっちゃいました。

続きを見る

アーユルヴェーダ アイコン
<インド> 処方薬の紹介 生理前の不調と皮膚疾患 Byアーユルヴェーダ医師

今回はインドからアーユルヴェーダのお薬が届いたのでご紹介します。去年2020年11月にインドへオンラインでつなぎアーユルヴェーダ医師に診察をして頂きました!あれからお薬を購入したのですがコロナの影響もあり・・・ノマダシア様のご協力を頂き、、、ようやく手にすることが出来ました!

続きを見る

アーユルヴェーダ アイコン
<アーユルヴェーダ> 処方薬1 Panchtikta ghritam 薬用ギー

アーユルヴェーダの医師に処方されたお薬をご紹介。
第1回目は「Panchtikta Ghritam 薬用ギー」
成分についても出来るだけ調べてみました。ハーブがモリモリでした^^

続きを見る

アーユルヴェーダ アイコン
<アーユルヴェーダ> 処方薬2 Panchatikta ghrit guggulu

アーユルヴェーダの医師に処方されたお薬をご紹介。
第2回目は「Panchatikta ghrit guggulu」薬用ギーに成分が似ています。
今回はGugguluについて主に調べてみました。

続きを見る

 


さいごに(パートナーのKENより

 

月経のある女性の約80%以上が経験していると報告されているPMS

そして月経のある女性の38%20人に1人)に起こっていると言われるPMDD

さらに月経を迎えても今度は月経痛などもあり、女性のカラダは様々な問題を抱えています。

 

それらは妊娠そして出産するために必要不可欠な女性器の問題です。

したがって、これは男性であっても決して無関係ではなく、社会全体の問題といえます。

 

現在、私たちの社会は表面上、男女同権であり、女性本人が望めば学業や経済活動においても自由に参加することができます。

しかしながら、例えば企業などの組織内においては利益の追求を求める事を是としている現状からいって、どうしても女性に対しても男性と同じ活動力を求められます。

大きく個人差はあるものの、避けることのできない性差をカバーするために生活習慣の乱れやピルなど薬の服用を敢えて受け入れざるを得ません。

 

結果として男性的な社会においてパフォーマンスを維持できたとしても後日その影響は免れないでしょう。

女性がそのカラダの仕組みを無視して無理に扱い、将来において心身ともに不調をきたしてしまえば社会全体の利益から考えると明らかな損失といえます。

 

このような問題を解決する方法を「せいりプラス」は模索しています。

 

「せいりプラス」では生理に悩む女性のみならず、

社会全体でより良く発展できる解決策をご提案していきたいと思っています。

 

注意

このサイトは女性ホルモンケア アドバイザー有資格者によって運営しておりますが、医療従事者ではありません。

このサイトで紹介する改善方法は経験則による個人的なものであり、閲覧者様が当サイトで紹介した方法を遂行した事によるトラブルには一切責任を負いかねます。予めご了承ください。


医療従事者の方へ

サイト運営者は月経前の不調に悩む女性救済を願っており、是非医療従事者の方にお力添えを頂きたいと思っております。

可能な限り科学的事実に即した記事執筆を心がけておりますが、万が一事実と異なる箇所がありましたらご指摘いただけると幸いです。

  • この記事を書いた人

Sally

Sally 女性ホルモンケア アドバイザー ベーシックコース修了。 ヨガ空間Avyakt主催者。 丸の内ヘルスケアラウンジのコンシェルジュ経験を経て「20歳前後の女子に15年前の自分と同じ思いをして欲しく無い」とこのサイトを執筆中。 20歳~25歳頃までPMDD症状で苦しみ、様々な解決策を模索。 現在PMDDの症状はほぼ解消。 胃アトニー・砂糖依存症・皮膚疾患もち

© 2021 せいりプラス