PMDD PMS 改善方法 皮膚炎

PMS・PMDD改善日記「せいりぷらすにっき」

こんにちは女性ホルモンケアアドバイザーのSallyです。
20代前半にPMDDを発症し10年かかって回復。
「月経前の不調で私と同じ思いをして欲しくない。」
そんな思いで「せいりプラス」を運営してます。

PMS/PMDD改善には記録が必須だとSallyは思っています。

記録に関しての記事は「PMSの改善には日記がイチオシ」でご紹介しました。

これを書いたのが4ヶ月前・・・時は早いものですねぇ。

実はこの4ヶ月の間にモニターさまに協力していただき研究しておりました。

今回はその研究中の日記帳をご紹介します。

 

経験をもとに独自開発「せいりぷらすにっき」

Sallyは25歳ごろ自分のPMDD症状に気づき、

試行錯誤してつい最近「寛解」状態になりました。

その10年間続けていたのは「記録」でした。

この記録していた項目をもとに開発してみたのが

せいりぷらすにっき」です。

「生理+◯◯」

この◯◯は女性の様々なライフステージが当てはまります。

例えば

「生理+高校生」とか

「生理+彼氏」とか

「生理+仕事」とか

「どんなライフステージであってもキラキラ前向きに楽しく過ごそう。」

という想いが込められた名前です。

良しければこちらに想いを綴っています。

そんな想いの日記帳です。

せいりぷらすにっき

この一番下の茶色いのが日記帳です。

モニターさまにはサプリなどのサンプルも同封して体験して頂きました。

 

せいりぷらすにっきの中身

①「チェック表」

チェック表

これは1ヶ月スパンで様々な項目を記録していく表です。

 

②「食事日記」

食事日記

毎日の食事を記録出来る様にしました。

 

③「FreeSpace」

自由に書き込めるページも設けてみました。

 

中身の説明を少しご紹介しますね。

「チェック表」不調の出る時期を平均値を出して予測します。

「体温」を見ながら「排卵期」と「黄体期」に予測をつけ、

その時期あたりの自分の精神的・肉体的症状の変化を分析できます。

更に細かい部分も見ていきます。

例えば「砂糖類」の欄に多く記録されやすいのが「黄体期」です。

黄体期にどんな甘いものをどれくらい食べているかなどを記録し、

自分の食事の嗜好や依存(中毒)なども分析していけます。

 

ちょっと辛くなるけどね・・未来の自分のために頑張って記録だけしよう

 

「せいりぷらすにっき」は女性の様々な悩みの記録が出来る♪

「せいりぷらすにっき」を開発しながら、

「これはダイエット記録にも使える。」と気づきました。

その他にも様々な利用方法があるのでご紹介します。

日記のメリット Benefits of a diary

①ダイエット記録

②筋トレ・食事記録

③アトピーなど疾患改善の食事記録

④妊活記録

⑤妊婦の食事や記録

⑥うつ病の投薬・栄養補てん療法記録

⑦糖尿病の運動・食事記録

などなど・・・

③はSallyが実際使用し、掌蹠膿疱症が劇的に改善しました。

⑦はKenさんが糖尿病なので使って・・・欲しかったのですが

面倒くさくて続いていませんw

Sallyが実際3ヶ月使用した感想・改善点

感想

PMDD改善したか? Yes!Kenさんに迷惑を殆どかけませんでした(多分)

3ヶ月使用してまず感じたことは・・・

忙しいと食事日記は全く書けない。」でしたw」(開発者がこれ)

食事日記

こちらはやっと体温が上がってきた28日〜31日の黄体期です。

間食にお菓子を食べたり、糖質が多い食事になってます。

そして普段の精神モードじゃなく興奮モードになってます。

*3つの精神モードについてはこちらの記事を参考にしてくださいね。

 

チェック表記録「チェック表」はまずまず書けました。

これを全世界に公開するのは恥ずかしい。。。

 

FreeSpace

「FreeSpace」は1ヶ月に1回振り返る時間を2時間ほど取って

分析しながら、自分の心を見つめながら自由に書き込みました。

Free Spaceに書き込むと、毎回発見があるんですよね〜!

発見して書いた記事は

こちら「生理前の精神的変化と上手く付き合う」

 

改善点

①「チェック表」は3ヶ月続けて製本に変更

何故なら先月どんなだったかを今月の表と比べたい時に、不便だったからです。

 

②「食事日記」はとりあえず要らない、「チェック表」に盛り込む

「食事日記」は細かすぎて書けないことが判明したので、とりあえず省きます。

そのかわり「チェック表」の項目に追加して全て「チェック表」で完結させる形にしようと思います。

 

③セロトニンを作る為に必要な栄養素とタンパク質摂取項目を増やすのを検討

PMS対策の料理

食事記録をしていても結局黄体期になると食事が滅茶苦茶とか苦笑

この時期に集中的に摂る必要のある食材をチェック表に入れるのを検討します。

③日記を発行するとコストがかかるのでPDFで公開検討

日記帳は可愛くて手元にあるのが好きなのですが、PDFにして手軽にDL出来る様に検討してます。

④アプリ化検討

誰かエンジニアさんご協力頂きたい・・・。

お金ないので作れないのですが、悩む女性のために誰か一緒に作ってくれないかな。

 

次回は第一弾モニターさまの感想をご紹介します

最後までお読みいただきありがとうございます^^

「早くPDF化してよ」という方いらっしゃいましたら、

是非SNS拡散など応援よろしくお願いします〜

 

  • この記事を書いた人

Sally

Sally 女性ホルモンケア アドバイザー ベーシックコース修了。 ヨガ空間Avyakt主催者。 丸の内ヘルスケアラウンジのコンシェルジュ経験を経て「20歳前後の女子に15年前の自分と同じ思いをして欲しく無い」とこのサイトを執筆中。 20歳~25歳頃までPMDD症状で苦しみ、様々な解決策を模索。 現在PMDDの症状はほぼ解消。 胃アトニー・砂糖依存症・皮膚疾患もち

-PMDD, PMS, 改善方法, 皮膚炎
-, ,

© 2021 せいりプラス